会長プロフィール


畑アカラ(明夫) 昭和22年生まれ。
静岡県牧之原市出身。
藤枝東高校卒業。
明治大学政経学部卒業(蒲生ゼミ・村落社会調査)。
広告制作会社(株・漫画社)に勤務後、フリー。
イラスト・ライター(作家)。
日本児童出版美術家連盟会員。
「8の世界」と「ハートの世界」の歴史探究者。
「8月8日はハートの日協会」会長。
本名:畑明夫 ペンネーム:畑アカラ

著作・歴史書/『古代天皇家「八」の暗号』(徳間書店)。新装・新刊(ヒカルランド)

       /『古代天皇家の謎は「北斗八星」で解ける』(徳間書店)       /『 大嘗祭・天皇号・伊勢神宮』(ヒカルランド)新刊です!!

著作・エッセイ(画・文)/『猫ノーテンキ』(草思社)、『猫っ可愛がりのことわざ草紙』(毎日新聞)、『きょうも猫日和』(徳間書店)。
著作・月間絵本・作絵/『ハーリーちゃんとハーティちゃん』『にじをつくろう』(チャイルド本社)、『あててごらん』(すずき出版)。
著作・かみしばい/『からすのかーすけ』(教育画劇)、等々。

趣味はテニス。素人作曲(楽器は演奏できません)。サッカー観戦。
猫好き。


私は、過去、「ハートのテーマパーク」を造りたいと思ったことがあります。
それは、挫折しましたが、「8月8日はハートの日」だけは、何とかしたいと思っていました。
しかし、その前に、「8」とは何か?「ハートの日」とは何か?について、答えを知っておかねばなりません。

どうせなら、「ハート」と「8」について、世界一の探究者になろうとしました。
世界一とは言えませんが、探究者が他に見当たらないという意味では、オンリーワン、だと思っています。

詳しくは「ハートの日の誕生物語」と、「ハートと8の歴史」(近々、アップの予定)のページを御覧ください。

我々は、高度に発達した平和的だったミノア・ハート文明(聖杯・ハート文明)の叡智に学ぶことが必要だと思われます。

日本は、世界最古の国であり、女神の天照大御神を最高神としています。

個人的には、日本はミノア文明に似た国・「日本・ハート文明」(聖杯・ハート文明)社会であると思います。

古代から連綿と続いているミノア文明(ハート文明)と日本の国柄(日本・ハート文明)の叡智に学び、改革していくことが必要だと思います。


「8月8日はハートの日」を、全世界に広めるべく、活動中。

そして、8の世界の真実(伊勢神宮・大嘗祭・日光東照宮・高松塚古墳)を、日本の人々に知っていただけるよう、活動中。


❤ 同時通訳で有名な、松本道弘先生との対談が実現しました。

Samurai Talk Clobal Inside NONES CHANNEL です。

先生と、六角形と八角形、言霊、ハートの日、等々について対談しました。

最後に、「8月8日はハートの日」について、同時通訳していただきました。

 

 

 

新刊が出ました!!大嘗祭の本です。 大嘗祭も8の世界です!!

『大嘗祭・天皇号・伊勢神宮』ヒカルランド・定価税込み 8,888円 出版・令和元年12月31日

『北極星・北斗八星に描いた天武天皇の呪術を知らずして、大嘗祭の真実は語れない』

大嘗祭は天武天皇が創設しました。
何故、大嘗祭を創設したのか?大嘗祭創設の動機を語った者は、今まで誰もいませんでした。動機を知ることによって、初めて本義が分かるのです。
小生が、初めて、動機と本義を語ります。
大嘗祭と伊勢神宮(リニューアル)には、天武天皇の世界最強の呪術が施されています。
この呪術とは、宇宙の中心「北極星と北斗八星」に描かれた宇宙的グランドデザインのことです。
今までの学者はこのことを知らずに、大嘗祭について語ってきたのです。
この天武天皇の「北極星・北斗八星」の呪術を理解し、活用した者が二人います。
①高松塚古墳の被葬者・石上麻呂(いそのかみのまろ)と②徳川家康を日光東照宮に祀った、天海大僧正(てんかいだいそうじょう)です。
③本の出版活用ということで、私が3人目?となります。
私がこの呪術を語らねば、「大嘗祭・伊勢神宮・高松塚古墳・日光東照宮」の「真実」は永遠に封印されたままだったと、言えるのです。
発見なくば出版せず、です。

大嘗祭は、冬至の日、天皇と神様が新穀を共食することにより天皇の資格を継承するわけですが、天照大神と北極星の習合、天皇(北極星)の存在の証明、八重畳(やえだたみ)の意味、御膳(みけ)八神の意味、渡御(とぎょ)の意味、等々、全てが「北極星・北斗八星」の中に呪術として含まれています。
この宇宙の中心に描くグランドデザインには、日本の国柄の全てが描かれているのです。中でも特徴的なのは、八束穂を描き、百姓(おおみたから)が飢えることの無いようにと祈っている呪術絵です。

 

 

著作一覧

『古代天皇家の謎は「北斗八星」で解ける』畑アカラ・徳間書店  平成28年7月31日 発行   1,700円+消費税 

高松塚古墳壁画とキトラ古墳壁画は、なぜ描かれたのか?について、初めて真実が語られます。

考古学者をはじめ、誰もが壁画が語っている声を聞けなかったのは、なぜなのか?

それは、誰もが、「北斗八星の暗号」であることに、気づかなかったからです。

高松塚古墳の被葬者は、石上麻呂(いそのかみのまろ)です。

また、キトラ古墳の被葬者は阿倍御主人(あべのみうし)です。   

新刊です!! ご購入のほど、よろしくお願い申しあげます!!




テニス・エッセイ(ぜんにっぽんのススメは、1993年~1996年)